タミフルはインフルエンザに対する薬です。子供が服用しその副作用で異常行動を起こすという報道があり、知名度が上昇しました。安全管理をきちんとすれば怖い薬ではありません。こちらではタミフルの異常行動への対処や効果効能などについて解説します。

タミフルの効能と副作用

インフルエンザにかかった時のの定番となっているタミフルですが、その効用とともに最近では副作用も問題になっています。他の薬同様、せっかく良い薬も正しい方法で使用しないと効果を発揮できません。タミフルのことをよく理解し、効果的に使用する必要があります。
まず、タミフルの特徴は、インフルエンザにかかった場合に体内で増殖するインフルエンザウィルスの増殖を防ぐことができます。あくまで増殖を防ぐのであって、インフルエンザウイルスを殺したり除去する作用があるわけではありません。従って、これを服用すればもう大丈夫というのではなく、これ以上の症状の悪化を防げるというものです。
つまり、インフルエンザにかかったらなるべく早い時期にタミフルを服用することが重要となります。これは、通常、インフルエンザ発症から48時間以内には服用するようにと言われるゆえんです。このことが非常に重要であり、早く飲むことで症状の拡大を抑えることができます。
これらのことが意外と知られておらず、とにかく飲めばよいと考えている人が多いのが現状です。ところが、効果的に使用するには早い時期での服用というのがポイントとなります。さらに、タミフルの服用期間は5日間とされており、熱が下がってもう大丈夫と安心して服用をやめるのではなく、5日間は飲み続けることも大切です。
最近、10代の子供のタミフルを服用しての異常行動が話題になりました。直接的な原因は未だ解明されていませんが、タミフルの副作用として、頭痛、腹痛、眠気、眠れない、動悸、いきぎれなどが報告されています。服用後に、これらの症状がみられる場合には、正しい処方をしていたかどうかを考えるとともに、なるべく早く医師に相談するようにしましょう。

■ピークを過ぎてもまだまだ安心できないインフルエンザ
2016年のインフルエンザのピーク終了